支払われないときは

企業間で取引があった際、商品などの代金を指定された期日までに受け取るという契約を結ぶと、その代金は売掛金として計上されます。本来なら期日内に現金などの形で受け取ることになりますが、取引先の経営が危うくなり、支払いが難しくなるなどの事態に陥ると、支払期限になっても支払いが行われないことがあります。売掛金には時効があり、そのままにすると売上が消滅してしまうので、そうなる前に売掛金を回収しましょう。

売掛金が支払われないときは、弁護士に売掛金回収をサポートしてもらいましょう。当事者同士で話し合いが出来ればそれに越したことはありませんが、相手が話しあいに応じてくれないとどうしようも無くなるので、弁護士の下、法的根拠に基づいて請求を行うという意思を見せ、支払いに応じてもらわなければなりません。このとき弁護士には、自身を名義人として催促状などの通知を行うなど、比較的穏便な方法で催促を行い、徐々にプレッシャーをかけていきます。

弁護士に売掛金回収をサポートしてもらうと、法的手続きを行い、強制的にでも支払いを行うよう動いてくれます。民事保全や訴訟、強制執行など、いずれも相手側の財産を差し押さえるなど、強制的に売掛金を回収するための法的手続きで、他の事情で支払い能力がなくならないうちに、こちらの売掛金を確保できるよう手続きを進めます。売掛金が消滅するとなると、こちらの損害も非常に大きなものとなるので、専門家の力を使ってでも、毅然とした態度で回収に臨みましょう。

話し合いで回収

当然といえば当然ですが、売掛金は支払期限までに回収が済んでいるものですが、時折支払期限が過ぎたにもかかわらず、売掛金が回収されていないことがあります。一日や二日の遅れ程度で経営が波状するようなことは無いでしょうが、それでも売上が回収できていない状態でいるのは問題なので、そうした事態に陥らないためにも、きちんと売掛金を回収できる環境を整えましょう。売掛金回収については、文書での催促や企業間での話し合いが基本となりますが、その際弁護士の助けがあると、よりスムーズに回収を済ませられます。

売り家計金回収についての弁護士の相談は、多くの企業が行っているそうで、時には取引先の会社の経営が破綻し、売掛金の支払いが出来なくなっていたなど、早めに行動しないと、売上が消滅するような事態に陥っていたケースもあります。そうした事態も踏まえて、大抵の企業は売掛金回収を弁護士にサポートしてもらっており、法的手続きを用いて確実に売掛金を回収してくれます。さらに弁護士がいること自体が相手に強いプレッシャーを与えるので、話し合いの場でも優位に立てるのも重要なポイントです。

弁護士を常に雇うことになると、相談料などが当然かかりますが、それに対して得られる売掛金の価値ははるかに大きなものであることが大半です。大きな取引であればあるほど、弁護士などの専門家のサポートは重要なものとなるので、売掛金が発生する際は、必ず弁護士に回収について相談しておきましょう。

▼参照リンク▼売掛金回収依頼_弁護士法人アディーレ法律事務所

管理は徹底して

自社の商品やサービスを企業に対して提供した際、その売上がどう手元に行くかは、そのときの契約によって変わります。売掛金として一旦は支払いを待った場合、指定した支払期日までに売上は支払われますが、取引先にトラブルが発生し、支払いが遅れてしまうことがあります。当然そのままだと、事実上売上が全て消滅することになるので、そうならないよう、売掛金は徹底して管理しなければなりません。

売掛金を確実に回収するには、信頼できる企業と取引を行うのが基本ですが、万が一の事態に備えて、弁護士に回収をサポートしてもらいましょう。事前の契約の段階で弁護士と話をつけておいて、回収時にどういう対応をとるか、前もってマニュアル化しておくなどの対策をしておきましょう。行動の方針がはっきりすれば、不測の事態が起きても早く対応できるようになりますし、回収出来ないという状況に陥っても、弁護士と話をつけておけば、プロの知識の下で、最も適切な対応を取れるようになるでしょう。

本来ならあってはならない売掛金の回収業務ですが、実際には水面下で行われることが多い業務の一つということで、多くの法律事務所で、弁護士が回収業務をサポートしています。売掛金の管理は徹底して行わないと、資金繰りが一切安定せず、会社の運営にも支障が出てくるので、前もって弁護士に売掛金回収について相談しておきましょう。

売掛金回収を相談

企業間取引において、売掛金の発生はそう珍しいことではありません。あらかじめ設定してある支払期日に売掛金は支払われ、資産として手元にいきますが、時には支払いが行われず、予定していたタイミングに予算として組み込まれないことがあります。場合によっては会社が倒産し、売掛金が回収できなくなることもあり、当然そのままにしておくと、大きな損失となってしまいます。売掛金の回収を確実に行えるよう、弁護士への相談はしておいたほうが良いでしょう。

売掛金回収は企業間の話し合いで行われ、支払期限までに受け取れるのが正しい形ですが、時には支払いが遅れることもあります。そのときの対応については、弁護士が対応するサービスを法律事務所が行っているので、そちらを利用する企業が多いです。対応の方法については、内容証明郵便などの、文書を用いた催促に始まり、段階的に企業間の話し合いや、支払い催促や民事調停、場合によっては訴訟による回収を行います。

売掛金回収を行うことになると、通常業務では想定していない余計な仕事をすることになりますし、もし回収できない事態に陥ってしまうと、今後の会社の運営にも大きく影響します。即座に経営が波状するような資金繰りをしている会社はほとんどありませんが、それでも将来的な負担になるのは目に見えているので、確実に売掛金回収を達成するためにも、専門の法律事務所などに依頼して、信頼できる弁護士に回収業務をサポートしてもらいましょう。