売掛金回収を相談

企業間取引において、売掛金の発生はそう珍しいことではありません。あらかじめ設定してある支払期日に売掛金は支払われ、資産として手元にいきますが、時には支払いが行われず、予定していたタイミングに予算として組み込まれないことがあります。場合によっては会社が倒産し、売掛金が回収できなくなることもあり、当然そのままにしておくと、大きな損失となってしまいます。売掛金の回収を確実に行えるよう、弁護士への相談はしておいたほうが良いでしょう。

売掛金回収は企業間の話し合いで行われ、支払期限までに受け取れるのが正しい形ですが、時には支払いが遅れることもあります。そのときの対応については、弁護士が対応するサービスを法律事務所が行っているので、そちらを利用する企業が多いです。対応の方法については、内容証明郵便などの、文書を用いた催促に始まり、段階的に企業間の話し合いや、支払い催促や民事調停、場合によっては訴訟による回収を行います。

売掛金回収を行うことになると、通常業務では想定していない余計な仕事をすることになりますし、もし回収できない事態に陥ってしまうと、今後の会社の運営にも大きく影響します。即座に経営が波状するような資金繰りをしている会社はほとんどありませんが、それでも将来的な負担になるのは目に見えているので、確実に売掛金回収を達成するためにも、専門の法律事務所などに依頼して、信頼できる弁護士に回収業務をサポートしてもらいましょう。