支払われないときは

企業間で取引があった際、商品などの代金を指定された期日までに受け取るという契約を結ぶと、その代金は売掛金として計上されます。本来なら期日内に現金などの形で受け取ることになりますが、取引先の経営が危うくなり、支払いが難しくなるなどの事態に陥ると、支払期限になっても支払いが行われないことがあります。売掛金には時効があり、そのままにすると売上が消滅してしまうので、そうなる前に売掛金を回収しましょう。

売掛金が支払われないときは、弁護士に売掛金回収をサポートしてもらいましょう。当事者同士で話し合いが出来ればそれに越したことはありませんが、相手が話しあいに応じてくれないとどうしようも無くなるので、弁護士の下、法的根拠に基づいて請求を行うという意思を見せ、支払いに応じてもらわなければなりません。このとき弁護士には、自身を名義人として催促状などの通知を行うなど、比較的穏便な方法で催促を行い、徐々にプレッシャーをかけていきます。

弁護士に売掛金回収をサポートしてもらうと、法的手続きを行い、強制的にでも支払いを行うよう動いてくれます。民事保全や訴訟、強制執行など、いずれも相手側の財産を差し押さえるなど、強制的に売掛金を回収するための法的手続きで、他の事情で支払い能力がなくならないうちに、こちらの売掛金を確保できるよう手続きを進めます。売掛金が消滅するとなると、こちらの損害も非常に大きなものとなるので、専門家の力を使ってでも、毅然とした態度で回収に臨みましょう。